So-net無料ブログ作成

チロの旅立ち [チロ]

7月1日の朝、チロが我が家を出発する時、玄関から車まで、2匹の紋白蝶に囲まれました。
チロの穏やかで、静かな旅立ちに思えました。

後日、獣医さんにお礼に伺うと、手で顔を覆われ、目を真っ赤にされました。

Kさんにお礼に伺うと、涙を流されました。

家を飛び出し、放浪したけど、家族以外で、チロの思い出を語ってくださり、涙してくださいます。
ありがたいことです。

29日の夜中に突然、『チロの最期を家で看取りたい。点滴を外すことは命の時間を短く
するけど、病院が嫌いで、外が大好きなチロ。生きている間に、外を見せてあげたい。』
という思いにかられた私・・・。

愚かで、自己満足で、軽はずみな覚悟。

ごめんなさい、チロ。
点滴をつけていたら、越えられた夜を、迎えられた朝を奪ってしまって。

ごめんなさい。チロ。
私の勝手な思い込みで、チロの命を絶ってしまって。

今でも、チロの最期は鮮明に思い出されます。

チロへの後悔と謝罪の毎日。

会いたい、チロ。
会いたいよ、チロ。
DSC01710.JPG
DSC01712.JPG

7月3日の深夜2時、寝ていると庭のほうから大きな声で『ニャン』と聞こえてきました。
チロは家に帰ってきてくれました。
帰ってきてくれたと信じたい。

まだまだ悲しみが癒えることはないけれど、『私の中でチロは生きている。チロと共に生きている。』と自分に言い聞かせて、毎日をなんとか生きています。

後悔のないということはないでしょうが、どうか皆様、愛おしい者と愛おしい時間を、思い出を記憶をたくさん作ってくださいね。

↓2歳の頃チロです
DVC00024.JPG
DVC00031.JPG

共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。