So-net無料ブログ作成

祝!5歳マロン [マロン]

今日は、マロンの誕生日[かわいい]
5歳になりました[グッド(上向き矢印)]

[ぴかぴか(新しい)]Happy Birthday マロン[ぴかぴか(新しい)]

dc_002.gif
DSC02237-1.jpgdc_005.gif

今日は、ササミがいっぱいもらえるはずですよ[るんるん]



年末の診察で、主治医からステロイドの減量の指示を受けました。

隔日投与で、なんとか落ち着いていますが、このまま続けると障害
がでること、突然中止した場合、最悪死に至ることもあることの説明
をうけ、1日おき・2日おきの変則的な減量になりました。

本当は、2日おきで経過をみたかったのですが、母の強い希望で変
則的な減量となりました。(←以前減量で失敗し、再手術となりましたので)

まだまだ5歳です。
長生きしてもらわないと、まーたんが困ります。

最近は、やんちゃが過ぎて頭を抱えたくなりますが、ゆっくりと時間が
流れて欲しいなと思うのです。

ふふふっ[目]
まーたんの誕生日プレゼント待っててね[手(チョキ)]

nice!(20) 
共通テーマ:ペット

イタズラな日々 [マロン]

この方には手を焼いてます[ふらふら]
DSC02210-1.jpg

噛み癖が酷いので、包囲網の為の我家での必需品[ぴかぴか(新しい)]
DSC00993-1.jpg
現在15枚使ってますが、近日中に追加します[パンチ]

うっかり落し物なんかすると、この通り。。。[爆弾]

マロン)マロンのものでちお[むかっ(怒り)]
DSC02193.JPG

マロン)ササミとこうかんはちないでち[むかっ(怒り)]
DSC02194.JPG

頑固[exclamation×2]がんこ[exclamation×2]ガンコ[exclamation×2]

こうなったら、ササミ&フードのばら撒きで持久戦開始です[バッド(下向き矢印)]

マロン)かわいいからゆるちてでち
DSC02211-1.jpg

かわいくない[もうやだ~(悲しい顔)]
nice!(14) 
共通テーマ:ペット

夢遊犬 [マロン]

南国は、いまだに気温35度の日もあり、お山さんは連日噴火
をしております[爆弾]
しかも、日に3~4回も噴火してくれるので、車の洗車をするタ
イミングが分かりません[もうやだ~(悲しい顔)]
洗濯物は外に干せないし、外は灰が舞ってるし、硫黄くさいし・・・
ストレス溜まっております[むかっ(怒り)]
関東の方々のブログでは、涼しくなってきたとか秋の気配なんて
言葉を目にしますが、南国では秋なんてまだまだ程遠いです[たらーっ(汗)]
まあ、いつものことですが・・・。
(南国は、10月でも半袖でないと過ごせません。。。orz)


さてさて。
ある日の夜、深夜2時頃に『ワンワン』と控えめに鳴く声がしたの
で、トイレをした知らせかなと思いマロンの元へ行くと、「おトイレし
ましたよ!」と、尻尾フリフリで興奮気味に起きていました。

「まだ深夜だからネンネしようね[グッド(上向き矢印)]」と、声をかけ部屋を出たのです
が、一眠りした頃に、またかすかに『ワンワン』と鳴く声が聞こました。
聞こえなかったことにしようかと思いましたが、寝ぼけたままボーっ
とマロンの元へ行くと、そこには白目をむいて尻尾を振るワンコがい
るではないですか[目][exclamation×2]

寝ぼけているんだと何度も目をこすり、目を大きく見開いて見まし
たが、目の前には白目のマロンが尻尾をフリフリしています[がく~(落胆した顔)]

あ゛ーーーーーーーっ、さっき「夜中なんだから寝なさい!」って
叱ったから、ショックでマロンがおかしくなったんだと泣きそうに・・・・。

どうしよう、どうしようと頭を抱えながら、私は「ギャーーーーーっ」と
悲鳴を上げて家族を叩き起こしてみました。。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

家族の意見は、マロンは寝ぼけてるんじゃないかと・・・・・。

DSC02070.JPG

朝ドキドキしながらマロンを覗きこむと、お目目パッチリのマロンたん[ぴかぴか(新しい)]

DSC02063.JPG

う゛っ・・・・・ホントにビックリしたんだから[バッド(下向き矢印)]
白目で尻尾フリフリで立ってるなんて・・・・しかも朝方4時に・・・・・。
心臓に悪かったわぁ[ふらふら]


マロンの投薬ですが、ステロイドのみ1日おきに服用しています。
皮膚の状態は良好です。
このまま維持できますように[手(チョキ)]
DSC01992.JPG

↓ランキングに参加中です10124354.gif↓ポチっと押してもらえたら嬉しいです10194927.gif


マロンタグ.gif
nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ラクダさんはどこにいった? [マロン]

5日頃には、背中の3個の瘤が1つに繋がり、肩にも同じくらいの
大きさの瘤が1個できてしまいました。

7日夕方には下腹部が赤くなり、8日朝には赤くなったものが膨
らみ、ぶら下がる格好になりました。

慌てて主治医に連絡し、受診しました。

破裂するのを待つより、膨らみから血膿を抜きましょうということに
なり、下腹部の膨らみから注射器で血膿を抜きました。
さらに、背中の瘤からも抜こうとしたのですが、何も出てきませんで
した。

この日から、ステロイド&抗生剤の投薬がスタートしました。
10日間続けて、下腹部の状態が変化しなければ手術を考えましょ
うと言われました。

薬の効果はすぐに現れ、12日には背中・肩の瘤が完全に消えたの
です。

DSC02047-1.jpg

下腹部は注射痕から破裂してしまいましたが、15日に受診し、さら
に15日間ステロイド&抗生剤の投薬を続けることになりました。

マロンの場合、ステロイドの副作用は口渇が強いので、トイレの回数
が半端ないです。
19時から22時までで、10回はトイレシーツをかえます。

DSC02049-1.jpg

まーたん、マロンのオムツ代を頑張って稼ぐからね[手(チョキ)]
DSC02050-1.jpg

↓ランキングに参加中です10124354.gif↓ポチっと押してもらえたら嬉しいです10194927.gif


マロンタグ.gif
nice!(18)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

童顔犬 [マロン]

シャンプー&カットをして、毛皮を脱いだマロンさん[犬]
私としては、思いっきりサマーカットして欲しかったのです
が、トリマーさんが「肌が見えますよ」と難色を示されたの
で、お任せサマーカットで・・・・[バッド(下向き矢印)]

DSC02011-1.jpg

今更ながら、気づいたことが一つ。。。
マロンさん・・・・・あなた童顔なのね[爆弾]

DSC02052-2.jpg

もう[るんるん]カワイイさアップだから[ー(長音記号2)](←親〇カ苦情受付ませんよ~www)

まーたんは、毎日マロンの美貌チェックを欠かせません[目]


実は、マロンの右耳の付け根辺りで瘤が小さく破裂し、背中に
は約2cm大の瘤が3個でき、すぐに主治医に連絡をとりました
が、このまま投薬無しで経過を診ることになりました。

他にも、腰の辺りに米粒大の瘤が1つありますが、こちらは
1年経ちますが、破裂することなく大きさも変化ありません。

下腹部が治まったのかなと思い始めた頃に、この病気の本
来の姿、『多発性』が現れました。

今日もマロンは、元気一杯に”吠え隊”任務を遂行してま~す[手(チョキ)]

↓ランキングに参加中です10124354.gif↓ポチっと押してもらえたら嬉しいです10194927.gif


マロンタグ.gif
nice!(19)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

膨れ顔 [マロン]

マロンは、19日の日曜日に診察を受けました。
抜糸後2週間を順調に過ごすことができ、このまま
投薬無しで経過をみることになりました。

一つが順調だと、別の問題が・・・・。
手術した下腹部に湿疹ができ、爪の根元の皮膚炎が悪化
しました。
こちらは、殺菌シャンプーと抗菌剤クリームで様子をみること
になりまた。
カイカイしている姿は可哀想だけど、根気強く共に頑張ろうね。


不満顔のマロン[わーい(嬉しい顔)]
DSC02018.JPG

お部屋への放牧待ちです[犬]

得意の鼻出し中[目]
DSC02017.JPG

「早く出せ~、遊ぶでちお~」の訴えは、鼻出しで猛アピールします[たらーっ(汗)]

長い間シャンプー&カットが出来なかったので、膨れマンタンのマロン[ふらふら]
DSC02010.JPG
DSC02011.JPG

マロンの寝ぼけ顔、初公開[ぴかぴか(新しい)]
DSC02012.JPG

毛皮伸び放題で、寝癖だらけのマロン[グッド(上向き矢印)]
サマーカットして、毛皮を脱ごうね[るんるん]

↓ランキングに参加中です10124354.gif↓ポチっと押してもらえたら嬉しいです10194927.gif


マロンタグ.gif
nice!(23)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

帰ってきたでちお~♪ [マロン]

7月4日土曜日に、抜糸を終えました。

特殊な縫合をしてるので、大人3人でマロンを抑え、30分
かかりました。
拡大鏡を使いながらで時間がかかること、痛みがあるのか
マロンが悲鳴を上げ暴れたりと、汗だくになりました。

マロンは投薬無しで、2週間様子をみることになりました。

完治することは無理ですが、とりあえず2週間を無事に乗り
切って欲しいです。

マロン)がんばったごほびくれまつでちか?
DSC01888.JPG





[プレゼント][リボン]頂き物[プレゼント][リボン]
クッキーパラダイスの、クッキーちゃんから頂きました[ぴかぴか(新しい)]
遅くなって申し訳ないです[あせあせ(飛び散る汗)]
クッキーちゃんの笑顔で元気がでます[かわいい]いつもありがとう[るんるん]
クッキーパラダイス300nice.jpg
nice!(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

恋しい温もり [マロン]

マロンの下腹部は、19日金曜の夜には、破裂痕も爪楊枝の先程に
小さくなりホッとしたものの、翌日20日土曜には、左下腹部が真っ赤
にタダレたようになり、ところどころに真っ黒な塊ができていました。

20日土曜の正午に診察を受け、主治医から「前向きな治療を考える
ならば、手術して瘤を切除したほうがいいと思います。」と言われまし
た。

マロンは20日土曜の午後に、急遽手術しました。

私自身、診察したその日に手術とは考えていたなかったので、かなり
動揺しました。

私が診察室を出る時に、主治医に抱っこされたマロンが、必死に鳴く
大きな声が、表情が今でも頭から離れません。

夕方5時頃、病院に電話したところ、手術は無事に終わり、マロン自身
も麻酔から覚めて元気にしてますとのことでした。

主治医から、「瘤は奥深くまであり、全部切除しました。」と説明を受け
ました。

突然の手術でしたが、マロンは頑張ってくれました。

手術の同意書にサインをする際に、マロンの年齢を4歳と記入したら主
治医が、「まだ4歳・・・・。」と呟きました。

マロンは4歳ですが、6回もの手術を受けました。

神様、どうか今度こそ最後の手術となりますよう、マロンのことを守って
ください。
お願いします。

マロン)泣いてないでちお
DSC01957.JPG

nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

突きつけられた現実 [マロン]

マロンの状態は、ずっと不安定でした。

5月17日に破裂したものが、やっと6月6日に塞がったと安心し
たら、翌日の7日に再度破裂しました。

ステロイドと抗生剤を続けていますが、効きが悪くなっている感じ
です。

大きな瘤が下腹部にあり、破裂を繰り返しています。
このままの状態を頻繁に繰り返してはいられないと思い、「瘤をCT
やMRIで調べるのは意味ありませんか?」と主治医に提案しました。

大学病院での検査を依頼したのですが、大学側から、MRIを撮って
も糸は写らないので意味がないと返答がありました。

何かしら前進できるものがわかればいいのに・・・・と思っていたので
すが、やはりこの病気は手術しかなさそうです。

主治医は、6回目の手術が可哀想だと躊躇されています。
私達家族も、今すぐに手術をお願いする気にはなれません。

マロン自身は、主治医も驚くほどの元気ぶりなんですが、お腹を見る
と、2cm強の真っ赤な生々しい破裂痕があるので痛々しいです。

マロンの状態が良くないと、マロンにカメラを向ける気にもなれず、ブロ
グを書くことや、PCに触れることを避けます。

こんな状況で、ブログを続ける意味があるのかなと悩む時もあります。
でも、ブログを始めた理由は、まーたん一家の生きた証を残すことが
目的でした。

かなりの不定期更新で、闘病記録がほとんどですが、訪問してくださる
皆様、今後ともお付き合いの程、何卒宜しくお願い申し上げます。

マロン)ゆるちてお[たらーっ(汗)]
DSC01920.JPG
nice!(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

悪夢 [マロン]

マロンは体調も安定し、ステロイドも3日おきに服用するなど間隔を
延ばせるようになっていました。
毎日楽しくお散歩もし、怖いぐらいに順調でした。

DSC01896.JPG

いつ頃から気づいたのか思い出せませんが、マロンが最後に手術した
部分が時折膨らんで見えるようなことがありました。
皮膚の色も状態も他の部分と何ら変わらないので、気のせいかなと思っ
ていました。

10日の夕方、やはり気になり、膨らんで見える部位を触ると、3~4cm
ほどの大きさで、もの凄く硬いものがありました。
見た目では、何ら皮膚の異常が見られないので、私はそのことを口に出
しませんでした。

このまま無くなるかもしれないし・・・と期待を持ちながら。

しかし、12日の夜に母から「またマロンの下腹部が腫れてるように見える。」
と連絡がきました。
私は、10日に自分が触った時のことを話し、14日の診察時に主治医に
伝えるよう言いました。(←14日が受診予約日でした)

母は不安で眠れなく、翌日の13日にマロンを受診させました。

血液検査は異常無し。
エコー検査で、血液の流れまで確認できたので、このまま様子をみよう
ということになりました。

16日の午後、仕事が終わると母から連絡が入り、「マロンの下腹部が
以前のように真っ赤に腫れたので、病院で薬を受け取ってきて欲しい。」
と言われました。

不安で不安で、急いで病院にむかい、お薬を受け取りました。

主治医と会うことができ、今までと違い、ものすごく硬い感触だったこと、
エコーでは血流まで確認できたこと、やはり腫瘍の類であると話されました。

先生は最後に、「治しきらなくてすみません」と言われました。

また先の見えない暗いトンネルの中だ・・・と思いながら家に着きマロンを見る
と、今まで見たことのないほどの状態になってました。

左下腹部全体はミミズバレのように真っ赤に腫れあがり、硬い腫瘍なようなも
のはタコ焼きのように膨れあがり、マロンが歩く姿の時には、その腫れあがった
ものが、ぶら下っていました。

あまりの光景に言葉が出ませんでした。

その日の晩は夜中の3時までは起きて、マロンに異変がないか様子をチェック
しました。

翌日、起きてマロンの下腹部を見ると、腫れあがったものが破裂してました。

どれだけ痛かったことでしょう。

マロンは鳴くことなく、ひとりで耐えました。

私も母も、そんな強いマロンに涙が止まりませんでした。

強いマロンの前で泣き言は言ってられません。

マロンの経過をみて、大学病院で検査を受けることを主治医に相談しようと思います。

DSC01899.JPG
nice!(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。