So-net無料ブログ作成

明日は味方

今回の東北関東大震災で被災された皆様に、心からのお見舞いを申し
上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔
やみを申し上げます。

さらに被災地におきまして、昼夜を問わず救助・災害対策等に、全力を
尽くしておられる関係者皆様に敬意と感謝の意を表します。
被災地におかれましては、一日も早く普段の生活に戻れますよう皆様
のご無事を心よりお祈り申し上げます。


あの日からいろんなことを考え、いろんなことを思い、私自身迷いながら
日々を過ごしておりました。

TVで見る映像と、かけ離れた何も変わらない普段の生活。
罪悪感いっぱいで、申し訳なくて。

節電協力も、南国からの関東への送電量は変わらないと・・・・。


私の住む南国は、原発があります。
しかも2014年3月に着工予定の、世界最大級の原発となる3号機を作
ることが決まっています。

電力供給が満たされているなら、関東への送電量が変わらないのなら
3号機は要りません。

半径30Km圏外へ避難となったら、我が家を離れることになります。

アメリカや韓国のように半径80Km圏外へ避難となったら、故郷から
去ることになります。



被災した小学生の女の子がTVのインタビューに応えてました。

「帰る家もない、ご飯もない、家族もいない。今までがどんなに幸せ
だったかわかった。」



某ドラマのセリフです。

「誰が被災者じゃなく、皆が被災者だ。」

「明日は味方」

この言葉を忘れずに、生きていこうと思います。

南国には、春が訪れようとしています。
DSC02713.JPG
DSC02714.JPG
DSC02715.JPG

被災地にも必ず春はやってきます。






共通テーマ:ペット

チコの入院 [チコ]

大雪での災害で、家族全員落ち込んでいるところに、1月5日にチコが
緊急入院となりました。

前兆はありました。
新年明けてから、トイレにしゃがんでいる時間が長く、嘔吐する日もあ
りました。

5日の朝、トイレでうずくまってしまい動かなくなってしまったので、慌て
て父が病院へと連れて行きました。

病名は、「尿管結石」でした。

チロも尿管結石で、H16年1月4日の夜に緊急入院しました。
20040108チロ退院.jpg20040108チロ退院01.jpg

もっと早く気づけなかったのかと家族全員落ち込みました。

8日に無事退院したもののの、療法食をまったく食べてくれず、獣医さん
は良い顔はしませんでしたが、ササミを振りかけてみるものの、ササミし
か口にしない毎日。

食事はしなくても、なんとか抗生剤だけは飲まさなきゃいけない。
無理やり口に入れてかわいそうなことをしました。

トイレまで間に合わず、お部屋にお漏らしすることも度々あり、保温ベットに
1日中うずくまっている姿に不安ばかりの毎日でした。

退院後1週間経っても、食事をほどんど摂らないので病院へ行くと、抗生剤
の効きが悪く白血球が下がっていないし、今度は脱水症状を起こしていると
のことで皮下点滴。

親心でベットを暖めすぎたみたいでした。

今度は温度管理を気をつけてみたものの、やはり食事をほとんど摂らず、ベット
にうずくまる日々。

気分転換に庭の散歩を一緒にしても、食欲が戻らない。

みるみると痩せていき、再度病院へ連れて行き、食欲を出すお薬をもらいました。

お薬の効果が出て、今ではササミなしでも療法食を食べてくれるようになりました。

良かった。
DSC02682.JPG
元気にお散歩にも出かけるようにもなりました。
DSC02684.JPG
長かった。
チコは、1ヶ月間ほとんど食事をしなかったので、家族全員暗い表情で、そのことが
マロンにも伝わっていました。

みんな不安で過ごした1ヶ月間。
DSC02683.JPG
元気なってよかったチコ。
DSC02680.JPG
DSC02685.JPG

共通テーマ:ペット

おめでとう♪6歳 [マロン]

1月26日に、無事に6歳の誕生日を迎えました[ぴかぴか(新しい)]

↓クリスマスのサービスカットです[ひらめき]
マロン

ステロイド剤を0.5Tで3~4日おきに服用していて、とても順調でした。

でも・・・・みんなバタバタと体調を崩してというか、チコが体調を崩し付き
っきりとなった頃に、また下腹部に小さな破裂痕ができてしまいました。

すぐに、ステロイド剤を1T服用させて2~3日様子をみたら、治りました。

不安にさせてしまったのかな、マロン[ふらふら]

今は、元気いっぱいですよ[るんるん]

お天気さえ良ければ、風が冷たくても散歩は楽しいね[かわいい]
マロン
マロン
マロン

おめでとう、マロン[黒ハート]

マロン、お誕生日記事がこんなに遅くなってゴメンよ[もうやだ~(悲しい顔)]


共通テーマ:ペット

新年の贈り物 [日常]

南国の歴代1位の大雪は、新年早々我家に置き土産をしてくれました。
DSC02647.JPG

我家は狙われたかのように雪が積もり、大晦日の晩は不安を抱えながら床に着きました。
DSC02637.JPG

早朝6時半、ズドーンと大きく響く音。
家族で覚悟を決めて窓を開けると、不安が的中した形となっていたのです。
DSC02652.JPG
DSC02655.JPG

なんと、車庫の屋根が雪の重さで車に落ちてしまいました。

DSC02657-1.jpg
DSC02661.JPG

悲しかった。
元旦の早朝が災害なんて・・・。

嫌な感じは、この後も続いたのでした。

共通テーマ:ペット

うさぎさん [あいさつ]

新年明けました
i_usagi_044_gf.gif
南国は大雪で、歴代1位となる積雪量となりました[雪][雪][雪]
i_usagi_047_gf.gif旧年中は、皆様に大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。i_usagi_050_gf.gifDSC02663.JPGi_usagi_068_gf.gif
nice!(13) 
共通テーマ:ペット

穏やかな休日 [日常]

一緒に暮らしていても、通勤距離が長いので帰りが遅くなる平日[ふらふら]

せめて休日は家族孝行しないとね[るんるん]

お天気がいいと、お散歩もウキウキ[ー(長音記号2)][黒ハート]

マロン)るん[るんるん]るん[るんるん]
DSC02614.JPG
DSC02613.JPG
DSC02612.JPG
ボサボサで目が隠れていたけど、可愛くカットしてもらいました[グッド(上向き矢印)]
DSC02611.JPG
マロン)ルン[るんるん]ルン[るんるん]
DSC02610.JPG
マロン)くん[exclamation]クン[exclamation]
DSC02604.JPG
DSC02605.JPG
お散歩コースにも、コスモス花壇がありま~す[かわいい]
DSC02606.JPG
DSC02607.JPG
ハイ[exclamation]ポーズ[exclamation×2]
DSC02609.JPG
DSC02608.JPG
満点スマイルいただきました[ぴかぴか(新しい)]

共通テーマ:ペット

コスモス [マロン]

南国も、朝晩寒く感じるようになりました。

収穫を終えた田んぼを、コスモス畑にする活動をされている
方々がいらっしゃるようで・・・・。
通勤途中で何箇所かあって、[かわいい]ピンク色で目の保養[ぴかぴか(新しい)]

DSC02595.JPG
DSC02587.JPG
DSC02590.JPG
DSC02592.JPG
DSC02593.JPG
DSC02594.JPG

↓この方も、[かわいい]目の保養[ぴかぴか(新しい)]
DSC02596.JPG
DSC02598.JPG
DSC02597.JPG
DSC02599.JPG
DSC02600.JPG
DSC02601.JPG
ハイ[exclamation×2]そこ~っ、あくびしない[むかっ(怒り)]
DSC02589.JPG
目が見えないし。。。。[ふらふら]ボサボサすぎますね。。。[爆弾]
DSC02591.JPG
はいチーズ[グッド(上向き矢印)]
DSC02588.JPG
よくできました[グッド(上向き矢印)]



共通テーマ:ペット

お久しぶりです・・・秋です(^_^;) [あいさつ]

2ヶ月近く、遠のいてしまいましたね・・・・[ふらふら]
ブログ訪問もできずにいました。

チロを失い、一人でいることが辛く・寂しくて、実家に戻りました。

職場も変わり、マロン[犬]・チコ[猫]との生活を始めました。

[車(セダン)]通勤距離は長く、長時間だけど、家に帰れば可愛い家族が
出迎えてくれるので、癒されます[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

[犬][猫]家族孝行しながら、のんびり更新していきます[るんるん]

↓元気いっぱいのマロン。ステロイド薬は、3日おきに半錠を服用するまで減量できました[手(チョキ)]
DSC02579.JPG
DSC02580.JPG
DSC02581.JPG
DSC02583.JPG
DSC02582.JPG

↓この方はただ今、病気療養中です。もう少しで完治するかな[exclamation&question]
DSC02574.JPG

↓2004年のチロ。いつも見守ってくれて、ありがとう[黒ハート]
20040913チロ.jpg

共通テーマ:ペット

チロの旅立ち [チロ]

7月1日の朝、チロが我が家を出発する時、玄関から車まで、2匹の紋白蝶に囲まれました。
チロの穏やかで、静かな旅立ちに思えました。

後日、獣医さんにお礼に伺うと、手で顔を覆われ、目を真っ赤にされました。

Kさんにお礼に伺うと、涙を流されました。

家を飛び出し、放浪したけど、家族以外で、チロの思い出を語ってくださり、涙してくださいます。
ありがたいことです。

29日の夜中に突然、『チロの最期を家で看取りたい。点滴を外すことは命の時間を短く
するけど、病院が嫌いで、外が大好きなチロ。生きている間に、外を見せてあげたい。』
という思いにかられた私・・・。

愚かで、自己満足で、軽はずみな覚悟。

ごめんなさい、チロ。
点滴をつけていたら、越えられた夜を、迎えられた朝を奪ってしまって。

ごめんなさい。チロ。
私の勝手な思い込みで、チロの命を絶ってしまって。

今でも、チロの最期は鮮明に思い出されます。

チロへの後悔と謝罪の毎日。

会いたい、チロ。
会いたいよ、チロ。
DSC01710.JPG
DSC01712.JPG

7月3日の深夜2時、寝ていると庭のほうから大きな声で『ニャン』と聞こえてきました。
チロは家に帰ってきてくれました。
帰ってきてくれたと信じたい。

まだまだ悲しみが癒えることはないけれど、『私の中でチロは生きている。チロと共に生きている。』と自分に言い聞かせて、毎日をなんとか生きています。

後悔のないということはないでしょうが、どうか皆様、愛おしい者と愛おしい時間を、思い出を記憶をたくさん作ってくださいね。

↓2歳の頃チロです
DVC00024.JPG
DVC00031.JPG

共通テーマ:moblog

チロの最期 [チロ]

28日月曜日、父と一緒にチロに会いに、迎えに病院へ行きました。

3回目の検査結果は、悪化を示すものでした。
DSC02558-1.jpg

診察台に連れてこられたチロの姿を見て、愕然としました。

呼吸は弱く、目を見開いて、寝たきりになってました。
チロの青い瞳は、色を失っていました。

いつからこんなことに?なんで?

私の頭の中はパニック状態で、ただ涙が止まりませんでした。
やっと口にできた言葉は、『ご飯は食べますか?』、父にいたっては、『生きてるんですか?』
でした。

獣医さんが、『ご飯は食べなくなりました。生きてます。声は聞こえるので、声をかけてください。』

恐る恐る獣医さんに尋ねました。
『この1週間を乗り越えられますか?点滴を外すと、どうなりますか?』

獣医さんに、『今週を乗り切ることは厳しく、点滴を外すと1~2日の命です。』と言われました。

この日、獣医さんから、最期までうちで預からせて欲しいと言われました。
何かまだできることがあるかもしれないと・・・。
ただ、臨終には立ち会えない可能性があることを了承していただくことになりますと・・・・。

この日、目の当たりにしたチロの姿は、死が近いことがわかりました。
チロが死ぬなんて・・・・。

私は、チロに生きてて欲しくて、獣医さんにチロに託しました。
毎日会うことを約束して。

翌日の29日、どうしても診療時間内にチロに会いに行けないことを両親に連絡し、両親が
チロの元に会いに行くと、Kさんがニャンを連れて会いに来て下さったそうです。

チロは、ニャンに会えたことが嬉しく、寝たきりの状態で尻尾をパタパタと動かしたそうです。

実は、この日の昼に、チロは危篤状態で危なかったそうです。
瞳孔が開き、痙攣を起こしたそうですが、血糖値が測定不能で、すぐブドウ糖を使い、なん
とか危機を乗り越えたとのことでした。

30日水曜日、私の一存でチロを連れ帰ることを決めました。

『明日は病院が休診日。点滴をつけていても、明日を越えられるかわからない。
夜中、朝夕の見回り時以外にひとりで逝く可能性もあります。』

獣医さんは、私の気持ちを察して、背中を押して下さったのでしょう。

退院時、獣医さんはチロの額に、自分の額をあててくださいました。
きっと、お別れの挨拶だったのでしょう。

それまで土砂降りの雨だったのが、家族全員でチロを病院から連れ帰る時には雨が上が
り、青空が見えてきました。

私の部屋の窓際にチロのベッドを置き、チロが大好きだった裏庭を見せました。
DSC02524.JPG
風の音、外の音聞こえたかな?

家に帰ってきて2時間ぐらい経ったあたりから、チロの容態が悪くなってきました。

亡くなる20分前辺りから、しきりに片方の前足を動かすチロ。
その足を握って、さすって、声をかけ続けました。

チロは家に帰ってきて3時間30分、家族に見守られながら旅立って行きました。
DVC00057.JPG

共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。